« 南アフリカへの旅:ちょっと訂正版 | トップページ | 床暖房とエコウィル、どうする? »

2009年6月 9日 (火)

ノコリーユ ECO

TOTOのカタログを調べていて面白いものを見つけました。

その名もノコリーユECO

Nokoriyu

とまぁ、書いてあるとおりの物なんですが、浴槽の追い炊き用の給排水孔を専用の物に交換して、洗濯機のところへ配管するようになっています(洗濯機用の水道蛇口は別に必要です)。風呂の残り湯を活用してる我が家には便利そうな代物です。

使ってる人には分かると思いますが、風呂水ホースの不便な点は

  • 毎回の出し入れ
  • ホースを使うと浴室ドアが閉まらないので、シャワー浴びたりできない
  • 洗濯終わったし浴槽でも洗うかね、と、洗濯機を確認せずにホースを上げると、せっかく脱水した洗濯物の上に、ホースに残った水がジャ~~~
  • そんなこんなで、風呂の湯を張る直前までホースが湯船に浸かっていることが多いんですが、そのせいかホースの先がヌメッと‥‥

これらがすべて解消できるんですが、ぬめりはノコリーユECOの配管内にも付きますよね。掃除は可能だと思うんですが、検索しても使ってる人の声がないのがちと気になるところです。TOTOさんのショールームで聞いてこようかな。

今日は仕事が早く終わったので、帰る途中で電気屋によって、洗濯機の風呂水ホースの接続口をチェック。確認できた範囲で各社共通の形になっているのが分かり一安心。店員さんから怪しまれてないか心配ですが‥‥

blogram投票ボタン

« 南アフリカへの旅:ちょっと訂正版 | トップページ | 床暖房とエコウィル、どうする? »

家(インテリア・設備)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノコリーユ ECO:

« 南アフリカへの旅:ちょっと訂正版 | トップページ | 床暖房とエコウィル、どうする? »

無料ブログはココログ