« 土地のあれこれ1 | トップページ | 土地のあれこれ3 »

2009年5月25日 (月)

土地のあれこれ2

一番シャレにならないのが、『家の建たない土地』です。

家を建てる場合の原則に、敷地が幅4m以上の道路に最低2m接していること(接道義務)という条件があります。主に防火(消防車が入る)を考えてのルールのようです。道幅の広い公道に接していれば全く問題なし。逆に、細い路地の奥の土地などは、今建っている建物を壊せとまでは言われないけど、立て替えは×ということになります。

昔からある細い道で4mに足りないけど、将来拡幅する前提で公道扱いされてる道もあります。この場合、道路の中心から2mまでは建物を建てられません(セットバック

一見区別がつきにくいですが、公道じゃなくて私道の場合は『位置指定』というのを受けていないと接道義務を満たしません。私有地ですがこの指定を受ければ半永久的に道路に供するのを認めたようなもので勝手に建物は建てられません。また、通行も基本的には自由に認められることになります。

Ichi 調べてみると(HMさんに調べてもらうと)、例の土地の前の道は位置指定道路。ついでに、今の家の前の道も位置指定道路だとわかりビックリ。知らなきゃ普通の道路ですもんね。こんな届けが20年前に出されていました。字が分からない程度に縮小しましたが、図の一番右上が新居の前の道路、その左のほうに繋がる道路が今住んでる家の前の道

接道する位置指定道路部分の土地の権利も一部頂く(住宅部分の土地とセットで、この部分は無償)ことになりました

« 土地のあれこれ1 | トップページ | 土地のあれこれ3 »

家(土地・契約・ローン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土地のあれこれ2:

« 土地のあれこれ1 | トップページ | 土地のあれこれ3 »

無料ブログはココログ