« 長期優良住宅標準化の流れ? | トップページ | CAZASキーとセキュリティ »

2009年5月31日 (日)

長期優良住宅の件はお預け

HMとの打ち合わせに行ってきました。

間取りはほぼ確定。建築確認の申請までに決めないといけないのは、主寝室の天井(勾配天井にするか否か)と、ウッドデッキの大きさくらい(基礎のコンクリートをここまで流すので)です。7月に入ったら確認申請して、8月始めに着工という流れ

さて、タイトルの長期優良住宅の件、営業氏には会社の方針が明日説明されるとのことで、今回は明確な回答をいただけませんでした。設計士さん曰く、省エネ基準の関係で、サッシを樹脂枠にしないといけないかもと。構造自体は問題ないそう。

変更すべき点を洗い出してもらって、コストアップと減税のメリットと天秤に掛けられるようにしてくださいと依頼してきました。

来月中旬まで、水回りなどのショールーム回りです。台所とか妻に任せようと思うところも多いのですが(彼女の城ですから)、午後からトステムさんのショールームが対応してくれるというので、早速行ってきました。

詳細は書きませんが、キッチンとバスで正直お腹いっぱいです。個人的には、気になっていたCAZASシステムを妻も了解してくれたようなので、これを付けることは内定。

« 長期優良住宅標準化の流れ? | トップページ | CAZASキーとセキュリティ »

家(エクステリア・構造)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長期優良住宅の件はお預け:

« 長期優良住宅標準化の流れ? | トップページ | CAZASキーとセキュリティ »

無料ブログはココログ