2018年11月14日 (水)

来春のおおさか東線北区間開業に向け、最終段階の鴫野駅へ

二つ前の、ハローキティ新幹線を西明石で降りた後の続き。

Img_0474

構内通路の掲示から。そういえば10月から、JR西日本はPiTaPaポストペイへの対応と、ICOCAポイントサービスを始めたのでした。関西に住んでいたらどっちを選ぶか迷いそうです。

Img_0476

西明石は西側の複線が「列車線」「電車線」の線路別複々線に分かれる駅。

同じ方面で、ホームが違う列車も発車案内に表示されるのは、慣れるとありがたい情報なのだと思いますが、慣れないと違和感あります。

ここで在来線に乗り換えて、尼崎経由で学研都市線鴫野駅へ。

Img_5626
Img_5630

前回1年前の訪問と大きく変わったのは、鴫野→放出で学研都市線がおおさか東線(未開業)をまたぐオーバーパスを通過するようになったこと。

Img_5616

京橋側を見たところ。この写真ではわかりませんが、以前学研都市線に城東貨物線が合流していたところは分離されており、学研都市線はおおさか東線北区間開業に合わせた配線に既になっています。

Img_5617

壁を隔てたところで、おおさか東線になる部分の工事が進んでいます。

Img_5622

右端のところは、2年前には使用されていた旧ホームがいったん解体された後、その上に新しいホームが作られました。

足元を見ると隠し切れない旧構造が…

Img_5618

放出側を見ると、架線柱や鉄橋が古いまま。新規開業路線が以前からの学研都市線、いや片町線と言いましょうか、の線路を利用するという不思議な区間になっています。

Img_5620

城東貨物線の列車はこの工事中の線路を通るはず、と待っていると、上空をみぞか号が。熊本発伊丹行のAMX801便です。

くまモンがおなかに描かれているのが見えました。

Img_5624
Img_5625

大阪(タ)発百済(タ)行の83レが通過。

逆方向の貨物を待つ時間がなく確認できませんでしたが、線路の錆び具合からは、現在は単線運用のようです。

複線になれば開業後の姿がほぼ完成したことになりますね。

Oosaka_higashi

折しも、昨日、JR西日本から北区間開業後のおおさか東線の運行計画が発表になりました。

基本は1時間4本で現在の南区間と同じ。

奈良との直通快速が、現在尼崎と結んでいるのを北区間経由で新大阪行に変更になるのは当然か。高井田中央やJR河内永和に停まるのは、近鉄経由で生駒・奈良方面の乗客を誘導する目的だと思いますが、直通快速が終日運転というわけではないので、定着しにくいかもしれませんね。

2018年11月12日 (月)

Shinkansen Free Wi-Fi体験記

Wifi0

前の記事の道中。

行きに乗った「のぞみ12号」「こだま730号」はいずれも「Shinkansen Free Wi-Fi」対応の編成でした。

前にハローキティ新幹線に乗った時は短時間だったので接続を試すことができませんでしたが、今回はまず小倉~岡山の間でたっぷり試すことができました。

Wi-Fiのみしか通信機能のないタブレットを持っていましたので、その画面キャプチャから。

Wifi1

Wi-FiをONにして、同名のアクセスポイントへの接続を選択すると、このような認証画面が出てきます。

メールアドレスあるいはSNSアカウントで認証するスタイル。

Wifi2

全く関係ないですが、インバウンド利用も意識しての整備ですので、いくつかの言語が選べるようになっています。

Wifi3

暗号化しないのは利便性優先なんでしょうが、同名のハニーポットを用意したら、結構釣れそうな気がして…

災害時の00000JAPANも… いやなんでもないです。

Wifi4

認証画面に移ります。

メールアドレスを手入力するのはめんどくさいので、前回はFacebookかTwitterのボタンを押しました。するとSNS側で「認証しますか?」って画面に切り替わったので思わずひるんで終了(乗車も短かったのでそれ以上のトライはせず)

今回、Googleのアカウントでもいことを発見したのでポチっと。

Wifi5

メールアドレスだけでなくプロフィール写真が収集されるという文言は気になりますが、手元の端末がAndroidなら、Gmailのアドレスが表示されたところをワンタップで認証が済むのでお勧めです。

Wifi6

接続が完了すると、東海道・山陽・九州各新幹線で利用できる旨の画面が表示されます。

Img_0126

使ってみると、トンネルに入ってしばらく通信が途絶えることが目立つように思いました。携帯の電波を使っているサービスなので、山陽新幹線に関して圏外はないはずですが、基地局のハンドオーバー時に滞るのかもしれません。

通信の集中を避けるため、アプリのダウンロードなどは通信速度に制限がかかるとリリースにあります。

2020年3月までに、東海道~山陽~九州新幹線のすべての編成に設置予定とのこと。

それまでは、現状JR東海が公式ツイッターで翌日のWi-Fi対応列車を公表しているのが参考になるくらいでしょうか。

Wifi7

先ほど調べてみたのですが、私が乗った「のぞみ」も、東海道新幹線に乗り入れるので当該とわかります。

まだまだ対応編成が少ないですが、興味がある方はここを見て選んで乗ってみてください。

2018年11月11日 (日)

ハローキティ新幹線に岡山~西明石乗車の巻

関西で所要。

行きに「ハローキティ新幹線」(こだま730号)乗車を考えたのですが、小倉発は7時前でちと早いのと、乗りとおすにはさすがに鈍足。岡山まで「のぞみ12号」に乗って追いつき、そこで乗り換えました。

在来線特急が遅れていて接続待ち、とのことで6分ほど遅れて発車。

Img_0459

相生到着。所定では10分停車。

Img_0461

すぐに「みずほ600号」が抜いていきます。N700系にピンクの車体が映るのが、思った以上に鮮明。

到着前、相生発車は定刻予定とアナウンスがありましたが、もう1本「のぞみ154号」もこの日は運転があり、2分ほど遅れを残して出発。

Img_0465
Img_0467

次は姫路。所定は7分停車。姫路城を見ながら後方へ移動。

Img_0469

1号車の「ハロー!プラザ」は、9月末から山口に展示内容が変わっています(今のところ終了時期のアナウンスはないけど、前の鳥取島根は3カ月間でした)

Img_0470

獺祭とかけずりかまぼことか置いてありますね。

山口県内某市のスタッフが乗り込んでいましたが、交代で各自治体のPRをされているのかな?残念だったのはお仲間で固まっている感じで、見に来た方への働きかけが感じられなかったこと。距離感は難しいところですが。

Img_0471

次の西明石までにはほぼ遅れも解消。

ここでは待避がないので、停車前に「すぐに出発するので撮影の方は気を付けて」とのアナウンスがcoldsweats01

Img_0472

私はここで降りて見送り。700系にもピンクが映えるsmile

Img_0473

西明石では初めて降りましたが、新幹線単独の改札がなく、西口利用でもちょっとだけ在来線構内を通って出口へ向かうことになります。

EX-ICを使って、在来線ICカードを併用してない人への案内が大変そうでした。

私は在来線へ乗り換えです。

2018年11月 7日 (水)

北九州空港改修でラウンジや搭乗口に変更が

今回久しぶりに北九州空港から出発しましたが、ちょうどこの春から行われた大規模改修工事が終わったところでの利用となりました。

どこが変わったかなと思いながら搭乗を待ちました。

Dsc_6322

「ラウンジひまわり」はちょっと狭くなったかな?

Dsc_6321

Gate1は奥まったところへ移動したようです。

Dsc_6320

Gate2は前からこの場所だったような気がします。

Dsc_6318

Gate3はこんなむき出しじゃなかったような…

Dsc_6449

ちょうど展望デッキへ行き来する回廊から丸見えの場所なので、前はそんなものなかったよな…と

#以上の構内の写真はスマホ撮影です(4枚目は別の日の日中)

搭乗口を抜けるところまで見送りしたかったらJALを使ってことですねsmile

Floor_old

「前はどうだったかな?」と証拠を探そうとしても、搭乗ロビーなんて意外と撮ってません(ほかのお客さんも多いですしね)

そこで、ネットに残る「以前のフロアマップ」を見つけたので現状と比較してみることにしました(↑は以前の、↓が今日現在のものです)

Floor_new

これを見ると、ラウンジ(赤いところ)は奥まったところに細長くとりなおした様子。狭く感じたのはこのためか。

Gate1は元ラウンジや喫煙室のあったところへ。Gate2はそのままのよう。

元のGate3は壁が移設されて国際線側に変更。で、吹き抜けにしてあるスペースの一角に新しいGate3が設置されたんですね。仕方ないけど、改札作業が上から覗けるつくりはどうなんかなとか。見送りする人はいいかもですね。

国際線エリアは元のGate3, 4がGate4, 5となり、搭乗口が2つに。出発便が続く時にも対応しやすくなりました(この変更が主目的で、国内線側の変更は玉突き的なもの)

Img_0452
Img_0454

この変更で、16時前後に重なるスターフライヤーの台北行と、ジンエアーの釜山行が捌きやすくなったのではないかと思います。

#この写真はJA26MCを撮る目的で赴いたのに姿が見えなかったときのもの。JA26MCはまたそのうち。

2018年11月 6日 (火)

名古屋ネタの残りに、環状運転する地下鉄名城線のことなど

前回の投稿から少し空きましたが名古屋ネタの残りです。

今回のお出かけは、本来の目的地・金山・栄・大曽根と移動に便利のいい名城線沿いに宿をとりました。

名城線は地下鉄では唯一とされる環状運転を行っています(東京の都営大江戸線も環状に見えますが、ラケット状というか6の字の運行で、グルグル回り続けることはできません)

Meijo_line

環状運転のおかげか地下鉄の路線図は名城線を中心に描かれていますが、よそ者から見ると名古屋が外れていて妙な感じですcoldsweats01

Img_0334

環状運転と言っても他線区と乗り入れがない山手線とは異なり、金山で分岐して名古屋港まで行く名港線がくっついています。大阪環状線とまではいきませんが運用は少し複雑です。

Img_0339

名港線を走る列車は、金山から名城線に乗り入れ大曽根で折り返すのが基本。ラッシュ時には名港線から出て名城線の環状運転に入ったり、その逆も設定されており、一体的な運用になっています。

Img_0342

金山駅南行きホームにて。面白いのは山手線・大阪環状線のような「内回り・外回り」ではなく「右回り・左回り」との表示。地下線で内か外かというイメージがしにくいからか?

ついでに、「左回り」は"Counterclockwize"(反時計回り)であるという英語の勉強もできますcoldsweats01

Img_0343

「左回り」電車に乗って、少し遠回りして大曽根を目指してみました。

Img_0344

こちらは大曽根駅ホーム。

昼間は名城線の環状運転と、大曽根~名古屋港が交互に出る感じ。

お隣「ナゴヤドーム前矢田」に併設して車両基地があるので、ナゴヤドームで野球などのイベントがある際には大曽根折り返し列車がナゴヤドームまで行くとか、試合終了に合わせて臨時列車が出るといった柔軟な運用もあるそうです。

このへんを知って乗ると楽しそうな路線ですね。

Img_0323

今回の名古屋遠征は、帰りは最初に書いたようにセントレアからSFJで福岡まで。行きは北九州からFDAで小牧まで飛びました。

…ちょっと乗客少ないですね。1往復になってしまい便利と言い難いからか、乗客がこの程度なので減便されたのか、どっちでしょうか?

Img_0325

機内ではシャトレーゼのお菓子とハラダ製茶のお茶。

Img_0331

小牧はPBBがなく、ターミナルまで歩く間に1枚。今回は赤い初号機。

Img_0333
Img_0330

遅い到着で、機材が戻ってきていたので、1枚では済みませんねcoldsweats01

2018年11月 3日 (土)

大曽根からゆとりーとライン(ガイドウェイバス)に乗ってみた

名古屋近郊の中央線で貨物の撮影を考えていて、目についたのが大曽根から延びる「ゆとりーとライン

Img_5321

名鉄駅からJRの線路越しにゆとりーとライン大曽根駅を見たところ。モノレールや新交通システムの駅のようです。

Img_0347

駅に上がる階段には「ゆとりーとライン(バス)です」と説明あり。

Img_0348

改札のような柵はありますが、ここできっぷの販売や改札はありません。

Img_0350
Img_0351

のりばに上がってみると、一方は新交通システムのような路面、もう一方はバスの転回場のような広場になっています。

Img_0353

大曽根駅に着いたバスは、転回場で向きを変えてのりばへ入ってきます。

Img_0355

出発すると、高架の路面の上を走っていきます。

仕組みについては公式ページにも書いてありますが、ガイドウェイのある区間を走るときはハンドル操作不要だそう。

「速度制限xxx」「制限解除」「駅進入注意」といった確認を運転士がしている声が聞こえたので、車体こそバスですが、鉄道・軌道に近い運用になっているようです。

料金体系も、ガイドウェイを走る大曽根~小幡緑地は市バスの全線定期の適用外となるなど、一般道を走る区間とは別枠の扱いになっています。

Img_0357
Img_0358

降りたところで案内用の車輪を確認。

高架を降りるときには、これを収納すれば一般のバスとして走れるとのこと。

Img_0360

守山駅から出たところで1枚。

道路の上にあるので、モノレールの駅と似た構造です。

違うのは、料金の収受はほかの路線バスと同様車内で完結するので、駅といっても改札がないこと。「専用軌道にある妙に本格的なつくりのバス停」です。

時間がなく、ガイドウェイ区間を出入りするように乗車できなかったのが残念です。

2018年11月 2日 (金)

名古屋界隈で関西線~中央線の貨物輸送を見るの巻

名古屋訪問をさらにさかのぼります。

最近、貨物列車の動きが気になる私が目を付けたのが、関西線塩浜~篠ノ井線南松本の石油輸送。

Img_5326

まず、中央線と名鉄瀬戸線など交通の結節点となっている大曽根へ。

Img_5327

名鉄ホームから、春日井発の2074レ。王子製紙から出てきたやつです。

Img_5335

JRホームへ。81レが入線してきました。

大曽根は1面のホームの両面に上下線の本線が接しており、それぞれ外側に待避線がある構造。上の2074レを含め、何本か貨物の待避があります。

Img_5339

快速(大曽根停車)が抜いていきます。

Img_5342

待避線側の信号が青になり、81レは発車していきました。

Img_5349

続いて本命の8084レ、EF64の重連にタンク車(タキ)という編成。

Img_5360

特急「しなの」は大曽根を通過です(シャッター速度が中途半端で、流れてないし止まってないしという残念な感じ)

外側が待避線なので、通過列車もホームに沿った線路を通ります。安全面を考えると外側に通過線のほうが良いのでしょうが、そうすると貨物の待避(各停も含め数本)には向かない構造になってしまいます。

Img_5368

当地の大牟田貨物などはタンクのコンテナを輸送する形ですが、こっちのタキのほうが1両あたりの容量は大きいです。ただ、速度がコンテナ(コキ)ほど出せないので、速度の要求が少ない路線に運用は限られるのかも。

Img_5373

名古屋方面へ少し移動して、鶴舞駅へ。「しなの」が通過。

空荷で塩浜に戻る、8084レの通過を動画で(風切り音多めです)

Img_5381

名古屋から「あおなみ線」に乗り換えて、一つとなりの「ささしまライブ」駅へ。

もともと貨物線を旅客化した路線で、ささしまライブ駅では名古屋(稲沢)側と関西線四日市方面・名古屋(タ)方面の双方の貨物が通ります。

Img_5382

DF200牽引の8380レが通過。

Img_5389

先ほど鶴舞で見送った8084レが、稲沢で折り返すとともに機関車をDE200に、列車番号を8075レに変えてやってきました。

あおなみ線と並んで関西線の本線や車両基地、そして近鉄も走っていてにぎやかですが、貨物以外は今回は省略。

2018年10月30日 (火)

セントレアの「FLIGHT OF DREAMS」にB787の試験機ZA001を訪ねて

えーと今回の名古屋訪問記は時系列を逆に回す感じになってます。

セントレアに着いたのは土曜日27日の夕刻。思ったより早く着けたので、今のうちに12日にオープンしたばかりの「FLIGHT OF DREAMS」に行ってみることにしました。

初号機として試験に使われたB787(ZA001)の実機を格納する形で建物を作り、展示施設とシアトルをイメージした商業施設が入っています。

Img_0373

名鉄の改札やセントレアホテルなどがつながる「アクセスプラザ」にはこのような案内が。

駐車場P1のほうに向かえとのこと。

Img_0374

結構な人が歩いていて、「コレみんな787見に行くのか?」と思ったりしますが、(当然)駐車場へ分かれていく人も多くだんだん減ってきます。

Img_0376

駐車場が尽きるころ、このような建物が現れます。787はこの中。

飲食エリアは毎日22時までやっているようなのですが、787見学関連のエリアは土曜日のみ19時まで。他の日は17時で閉まるので、うまいこと延長の時間帯に滑り込みで見学に向かいます。

Img_0379

1階に降りて「フライトパーク」の入場料を支払うと、787を足元から間近に眺められるほか、各種体験型コンテンツに参加できます(別料金のシミュレータ以外は子供向けのもの多し)

事前購入すると、指定日に有効なQRコードが発行されるので並ばなくてよいそう。この時間帯はすぐに入場できましたが、朝イチとかで時間が惜しい場合には事前購入が良いかもです

Img_0385

エンジンなど手が届きそうです(が、届かない絶妙な高さ)

Img_0383

本当に手の届く位置にあるタイヤには、なにやらセンサーのようなものがついているので、触ろうとすると間違いなく怒られそうですcoldsweats02

Img_0389

少し並んで、コクピット見学へ。

ガラスで隔てられているので座ったり触ったりはできませんが、液晶やHUDに電気が入った状態のコクピットが見学できます(写真可)

客席の展示がありませんが、試験機故に旅客機として世に出る状態の内装ではなかったとのこと。「お見せできるものではない」のでしょうが、個人的には興味ありますね。

Img_0386

コクピットの高さから見る主翼やエンジン(と飲食エリア)

Img_0394

整理券配布に間に合うと上から見られるそうですが、時々照明が落ちて、「フライ ウィズ 787 ドリームライナー」のショーが始まります。

滑走路や雲の映像になったり、花火が上がったりと、毎回同じ映像ではないようです。

Img_0403

2階3階は「シアトルテラス」と呼ばれ、787が見える席で食事をしたり、シアトル発の雑貨を買ったりというエリア。

2階から見ると、テーブルや通路の上に主翼の先端が伸びていてびっくり。

Img_0405
Img_0408

一つ上がって3階からは翼や機体を上から見下ろす感じに。

空間を上手く使っているなと感じました。

1階フライトパークのゲートを出た先がボーイングストアになっているのは(前の写真にもチラッと写っています)よくあるミュージアムショップと同様の配置ですが、ついつい手が出る商品が多くて困りましたsmile

最後になってしまいましたが、展示されているのは実物大模型ではなく、試験飛行を繰り返し、ボーイングから寄贈される際もここセントレアまで自ら飛んできた実機です。汚れなどからも、一つの役目を果たした機材であることを感じとっていただければと。

2018年10月29日 (月)

スターフライヤー2機目の国際線向け機材、JA26MCデリバリー

夕方ネットを見ていて、突然のことにびっくりしました。

Flightradar24にJA26MCでアラートを設定していたのに気づかないなんて…と思いましたが、どうもいつもと違う事情があったようです。

分かっていたとしても、自分では撮りに行きようがない月曜日でしたので、他の方のツイートの埋め込みで失礼いたします。

国際線用機材が1つしかない段階で台北への国際線が始まりましたが、今回導入されたJA26MCを含めて2機体制になると、整備などでの運休が生じにくくなりますから、待ってましたと歓迎。

ここから先はセントレアで撮った写真の補遺。

Img_5549
Img_5480

そういえばセントレアで見たものに、ANAのA320neo(New Engine Option)がありました(下段;JA218A)。

A320ceo(Current Engine Option)にあたるSFJのJA25MCと比べるとエンジンがデカいです。そして静か。

Img_5463

他には、ソラシドエアの、手延そうめんのまち 「おいしい南島原号」(JA801X)

Img_5465

最後はIBEXの「むすび丸ジェット」(JA14RJ)

先週、このブログの表示テンプレートをシンプルなものに変更したら、記事の投稿幅も変わって大きくなりました。まずは画像の幅を投稿幅に近づけてみたところ。

過去投稿まで見直すことはしませんが、今後しばらく画像の幅や配置を試行錯誤することになりそうです。

2018年10月28日 (日)

スターフライヤー、台北定期便はセントレアからのスタート

本日10月28日は、世界的に航空ダイヤが冬スケジュールに移行する日。

スターフライヤーが台北便で定期国際便に再チャレンジする日でもあります。

私はちょうど名古屋での予定と重なり、27日も宿泊するか否か考えているところで、28日が就航初日であることに気が付きました。いい機会だとセントレア宿泊を手配smile

Img_5401_2

27日の夜、セントレアへ着くと、スカイデッキ(展望デッキ)の出入り口のところに名古屋~台北便就航の看板が。

北九州は言うまでもありませんが、名古屋でも宣伝に余念がないようで。

Img_5407
Img_5415

21時ころ、台北線向けに導入されたJA25MCが北九州からセントレアにフェリーされました。

ホテルの部屋から見ていると、国際線側のオープンスポットに。

Img_5434

翌朝、台北行きのSFJ811便は定刻8:15発。

間に合うようにスカイデッキに向かうと、出発口に近いスポットにJA25MCがつけられています。就航記念なのか?当面ここを使う予定なのか?

Img_5436

一足早く、定刻8:00発のSFJ31便は、国内線エリアの一番端。

Img_5496

SFJ31便はJA09MCでした。シャークレット仕様じゃない機材のうち、最後に導入されたもの。

これが福岡まで行って戻ってきたのに乗って帰る計画です。

Img_5544

SFJ811便は、少しだけ遅れて、B787など比較的大型の機材が並ぶ中にプッシュバック。

Img_5554
Img_5557

無事に飛び立っていきました。

午後に台北から北九州にSFJ800便が到着したときは放水で歓迎があったようです。

台北便が長く続いてくれることを期待します。

Img_5453

他にセントレアで見たものその1、タイ航空のA350-900。

A350XWBシリーズ自体間近に見るのは初めてかも。

Img_5580
Img_5570
Img_5532

その2、B787シリーズ三兄弟(JALの-8、ベトナム航空の-9、シンガポール航空の-10)

787-10は初見。並べて比べると、ドア間の長さの違いが分かりやすい。-8はちょっとずんぐりむっくり。-10になると777-200とほとんど変わらないキャパですもんね。でかい。

Img_0422

その3、セントレア名物のドリームリフター。

ちょうど搭乗から出発までの間に着陸したはず。

Img_0424
Img_0425

タキシングの間にしっかり目に焼き付けました。

«西鉄北九州線跡地に建つ家並みを見に陣原へ

無料ブログはココログ