2020年1月22日 (水)

1月30日より福岡空港は国内線ターミナル前の誘導路が二重化。そして、展望デッキは?

先日、福岡空港に関していくつか報道がありました。

ひとつは、国内線旅客取扱施設利用料が3月29日(夏ダイヤ移行日)から導入される件。

羽田や北九州では導入済みのものです。福岡は出発・到着とも大人110円。

その最大の理由は国内線ターミナルリニューアルですが、表題の誘導路二重化完了と、新バスラウンジや新搭乗ゲート(9番、10番)の運用開始をもって、リニューアル工事も山を越えたということになるようです。

Fuk1

Fuk2

旅客向けには、保安検査場から近い位置にバスラウンジが移転することや、新しい9番10番ゲートの運用が始まることが案内されています。

誘導路については、AIS Japanでチャートを確認。

Fuk3
Fuk4

上が現行のもので、下が1月30日以降のもの。

国内線ターミナル前の平行誘導路は全面的に二重化され、ターミナルの模式図も、上の完成予想図に近いものに書き換えられています。

出発や到着時に誘導路の開通待ちで時間がかかることが減ることに期待しましょう。

もう一つは、最初の図にも載っていますが、新バスラウンジの上の屋上部分。展望デッキ他公園施設が整備される計画になっていますが、こちらのオープンも1月30日?それとももうちょっと待たないとダメなのでしょうかね…

航空関係では、北九州空港の利用促進に向けてボルガ・ドニエプル航空と福岡県・北九州市が覚書を締結するとのリリースが出ています。

29日に締結式と記者会見があるようなので、具体的な見通しはそこで出てくることでしょう。

Volga

An124のオペレーターであるボルガ・ドニエプル航空についての資料も添付されています。アントノフの飛来に関しては、私が見に行ったオペレーションのときのことも書いてありますね。

米軍の輸送機が人工衛星を運んできて、北九州空港で船に積み替えたという実績もありますから、海上・24時間運用という強みをこれからも活かしてほしいものです。貨物輸送をより活発にするには、3000m滑走路も必要ですよね?
>関係各位

最後に、鉄道のダイヤ改正がらみで。

Jyoban1

3月14日のダイヤ改正から、震災・原発事故から9年を経て、ようやく常磐線が全線運転再開となることが発表されました。

Jyoban2

特急「ひたち」が3往復6本、常磐線経由で仙台まで運転されるのが目玉でしょうか。

近いうちに訪問する時間を作りたいものです。

当地では、同じく3月14日のダイヤ改正から、昨年導入された821系の増備と、長崎地区でYC1系が営業運行に就くことが発表されています。長崎駅・浦上駅の高架と、新旧気動車の競演なんてのも見に行かなきゃですね。

2020年1月19日 (日)

競馬開催に合わせ、北九州モノレールは今年もJRAラッピングがリニューアル

センター試験の週末です。

1579301105797

来年からの新テスト移行を前に「最後の」センター試験と報じられていますが、今年は我が家も当事者。

娘がいつも通りの力を発揮してくれることを期待して待ちます。

Img_1976_20200119175001

1月18日から2月23日までの毎週末、小倉競馬場ではレースが開催されます。

特に今週末は隣接する北九州市立大でセンター試験も実施され、北九州モノレールの競馬場前駅は普段と異なる賑わいと緊張感があったことでしょう。

Img_1974

パドックにお馬さんがいますね。

Img_1980

昨日の午前中に撮影したものですが、到着客増を見越してか、企救丘方面ホームのエスカレーターが降り運行に変更されています。

Img_1985
Img_1982

競馬場への通路も開けられ「さぁ競馬開催初日だからJRAラッピング編成が走るだろうな」と思って競馬場前駅で粘ってみたのですが、この日は運行なし(夕刻の臨時便に投入されていたようです)

Img_3606
Img_3608

本日日中、新しいJRAラッピング編成が走っているのを目撃したので、時刻を読んで撮影場所へ。

Img_3614
Img_3618

昨年末にJRAラッピングが外された1104F(紫)ではなく、1109F(緑)に新たにラッピングが施されました。

Img_3616
Img_3617

今年もJRAは「HOT HOLIDAYS!」をキャッチコピーに、昨年と同じ6名をCMに起用しています。

そういう意味での目新しさはありませんが、昨年の黄色オレンジをベースにしたラッピングと比べると、白とピンクがベースなのでかなり趣は異なります。

2020年1月16日 (木)

阪急淡路駅高架工事の現場2020年1月③JR淡路~阪急淡路

おおさか東線、JR淡路駅ホームの北端から。

Map_awaji

地図だと⑦のところからです。

Img_7168

東側(地図だと右)から順にみていくと、右端が阪急京都線の橋脚。真ん中を横切るのが京都線の線路。左に、前の記事で見えていた千里線側の橋脚が見えます。

京都線側はまだ桁をかける段階ではありません。

Img_7167

おおさか東線の線路をまたいでいるのは、工事用の仮設桁なのか、最終的に残るものなのか?

Img_7166

左(阪急淡路駅側)に控える二層トラス。

Img_7170

JR淡路から阪急淡路の間(地図だと⑧あたり)からの光景を見ると、答えが分かるような気がします。

一番手前では明らかに土台の高架から緑の桁も、その上のトラスもはみ出していますから、緑の桁に沿ってトラスをスライドさせて最終位置へ持っていくのでしょう。二つ前の記事に載せた②地点と構造を揃えるのであれば、緑の桁はトラスの架橋作業後に撤去されるものかなと。

千里線側の高架は現京都線・おおさか東線と、営業中の2線をまたぐロングスパンが必要なため、先行して建てた高架の上で隣の桁を作るような工法が選ばれたのでしょうか?前にレポートした黒崎バイパスのように一気に架けるには、桁を仮置きする場所も大型クレーンを設置する場所も確保が難しそうですし。

京都線側はおおさか東線をまたぐだけなので、違った工法がとられるかもしれません。進捗状況をまた確認にきたいですね。

Img_7172

阪急淡路駅から、柴島方面の電車へ。

柴島~淡路は1年前に歩いていたので今回は省略。

Img_7175
Img_7176

阪急千里線からOsaka Metro谷町線に乗り継いで、東梅田へ。

露天神社(お初天神)に参拝します。

Img_7179
Img_7178

天神さんということで受験のお詣りに来たんですが「曽根崎心中」の舞台として有名なだけあって、縁結びのほうが前面に出てますな。

Img_7183

お守りを求めて、駅へ戻ります。

Img_7184

東梅田の改札を出るときに、地下鉄の梅田・東梅田・西梅田相互の改札外乗り継ぎは30分以内という掲示を見つけたので、お詣りも移動もちょっと急いで無事、御堂筋線梅田駅の改札に滑り込みました。

30分は少し短く感じますが、梅田エリアで買い物や食事をすることを考えなければ十分な時間です。短く感じるのは、福岡市営地下鉄の天神~天神南の乗り換えは120分以内なら可能という大盤振る舞いを知っているからでしょう。

Img_7185

御堂筋線のホームにはtwitterの大きな電光掲示があって、びっくりしました。

今回の探訪はここまで。

2020年1月15日 (水)

阪急淡路駅高架工事の現場2020年1月②淡路~下新庄

前の記事の続きです。

Img_7142

阪急淡路駅前を通過するところから。

Map_awaji

前回と同じ地図に沿って案内します。

Img_7143

淡路とおおさか東線の間の④あたりから。

現行線の南側に作られた高架の上に、2層トラスが載っています。

Img_7148
Img_7150

おおさか東線の東側の⑤あたり。先ほどのトラス橋はおおさか東線を越える部分のようです。

緑の部分は、架橋工事のための仮設の桁かな?

Img_7151
Img_7153

ここから下新庄にかけては再び直上に高架が作られつつありますが、かなり高いところまで橋脚が伸びています。

というのも、下新庄の南側で、東海道新幹線の高架(矢印)を越える必要があるから。おおさか東線を越えてからここまでの300mほどで一気に地上に下ろすのは勾配も厳しいです。

下新庄を高架にすることで、このエリアで除却できる踏切がありますし、下新庄の先で神崎川を渡る橋の架け替えまでセットで施工中ということなので、スケールの大きな連続立体化事業です。

Img_7156

下新庄駅到着(⑥地点)

Img_7154

この先はまだ橋脚の立ち上がりも少ないですが、神崎川の橋は仮線(仮橋)に切り替えられています。

Img_7157

一駅乗って、阪急吹田駅到着。

Img_7165

JR吹田→新大阪、と乗りついで、おおさか東線JR淡路駅に着きました。

2020年1月14日 (火)

阪急淡路駅高架工事の現場2020年1月①崇禅寺~淡路

過去に6年前に同様のタイトルで記事にした、阪急淡路駅と隣接区間の高架(連続立体交差)工事。

あとは、おおさか東線工事のレポートついでですが、3年前1年前にも訪ねています。

当初の予定では既に高架に切り替わっているはずの時期ですが、用地取得の遅れなどから高架切換は2024年度末(2025年3月?)の予定に延期されています。

昨年おおさか東線も開通したので、今回は阪急淡路駅の高架工事現場を中心にレポートします。

Img_7108

まずは、北梅田駅(仮称)の建設も進むうめきた地区を、阪急中津駅近くの高架から。

Img_7114
Img_7115

相変わらずホームが超狭い中津から阪急に乗車。

京都線にホームがないため、淡路に行くには十三で乗り換える必要があるのですが、十三では一部でホームドアの運用が始まっていて違和感あり。

Img_7120

淡路の一つ手前、崇禅寺で下車。

Img_7117

この駅も淡路とともに高架化されますが、大阪梅田側では仮線の横で高架のアプローチ部分を建設中。

Img_7119

駅部分や京都河原町側では、現路線の直上に高架を建設中です。

Map_awaji

今回の撮影範囲に番号を振ってみました。崇禅寺駅は①

Img_7127
Img_7130

線路沿いを淡路に向かって進んでいくと、線路脇に別のレールを見つけました。

仮線とかじゃなくて、直上での施工を助けるクレーンの移動用ですね。

Img_7134

この2層になったトラス橋は、1年前にはすでに設置されていましたが、②のところの計画道路(線を引きました)をまたぐためのもの。

千里線(写真奥)にも必要になりますが、こちらは未設置。

崇禅寺駅からここまでの高架がまだ橋脚だけなので、複線を上下に振り分けるあたりはまだ分かりません。

Img_7137

③のあたり。京都線と千里線が合流し、幅の広い二層の高架になります。

Img_7140

駅部分は、現淡路駅の南側に建設中です。大きいですね。

2020年1月13日 (月)

スターフライヤーの「右側ドアを使って降機する」パターンを体験してみた

成人の日ですね。

当地の成人式も何かと話題になりますが、それと関連の話題から。

先日スターフライヤー(SFJ)に乗ったら、機内で見られるビデオのリストにこんなものが。

Dsc_1487

TNCが不定期に放送しているWORLD FUKUOKA NEWS(WFN)が入ってます。
(前回搭乗時は国際線のみのコンテンツになっており、視聴できず)

ほう、北九州の紹介もあるようなので見てみましょう。

Dsc_1491

のっけからこれかい…
(言いたいことは想像がつきますがそこには触れません)

Dsc_1495
Dsc_1497

北九州のファッションの紹介として、パンチパーマに、(昔は)ジャージ。そして最後は成人式のド派手な晴れ着。

ん、まぁそうよね…

Dsc_1499
Dsc_1500

他のコーナーでは、「福岡ではラーメンにトッピングするのは高菜か紅生姜かという対立軸がある」

個人的にはこういうパロディというかフェイクとリアルの境目をいくニュースバラエティ番組は好きなんですが、リアルを知っているから外国人や英語を使った(ちょっとズレた)紹介が面白いのであって、初めて福岡や北九州を訪ねようかという人が見たら…まぁその時の反応も見てみたいですけど(笑)

興味がある方は、少なくとも今月中は視聴可能だと思いますので是非。
(SFJの最新の機内エンターテインメントの内容はこちらを確認ください)

後半は、SFJが羽田空港でやっている「第1ターミナルのスポットに着いた機材に、第2ターミナルからバス搭乗・降機」の体験について。

以前、第1ターミナルの搭乗口付近にいて「到着便から乗客が降りてこないから、右側からタラップに降ろしてるな」と判断したことはありますが、実体験はなし。

いつまで続くかわからないので、SFJ各便の羽田の地上走行をFR24で分析し、そのパターンの便に乗る機会をようやく得ました(何とか作った)。もちろん運用が変わることもありますからイチかバチか。

Dsc_1484
Dsc_1485

関空からの出発。羽田行きSFJ26便の搭乗手続きはANAのカウンターで。

Img_1945_20200113230501

定刻17:30出発で、関空の地上はだいぶ暗くなったころ。

座席は右側前方を確保しました。

Img_1948

雲の上に出て、少しだけ残照を浴びるとすぐに真っ暗に。

スムーズなフライトで羽田に着きました。

Img_1950

事前の調査通り、第1ターミナルのSpot1に到着。

右側にバスが待っています。

Img_1958_20200113230501
Img_1959_20200113230501

タラップが付いて、右側のドアから降機が始まりました。

Img_1962

私も地上へ。関空便ですので、ここからバスで第2ターミナルへ移動して到着ロビーに。

機材は折り返し福岡行きになるので、降機完了後は右ドアのタラップを外して左ドアにPBBを付け、次の乗客を迎え入れるはずです。

沖止めにしないのは、第1ターミナル発着の北九州便・福岡便のPBB搭乗を増やす(バス搭乗を減らす)ための策と思われます。FR24を見る限りSpot1だけで行われているので、右側に他の飛行機が来ないことから許可されたと考えています。

大したことではありませんが、経験したかったことが一つクリアできました。

2020年1月 7日 (火)

年始もヘッドマーク付きの「銀釜」詣でから

工場が止まらないためか、例年正月も休まず運転される「大牟田貨物」

めでたいことに?「銀釜」ことEF81-303が充当されているようなので、「年末も撮ったよな」と思いながら出張ってみました。

Img_3521
Img_3525

1152レが黒崎に到着するところから。

Img_3535

いい日差しで、正面は残念ながら逆光になりますが、ここのおでこ?のあたりのピカピカが目立ちました。

同じエンドを年末に折尾駅で撮った時と比べると、洗車されて輝きを増していたのかもしれません?

Img_3545

長めの正月休みにも重なり、遠征と思われる人も見守る中、いつものように入換作業は進みます。

Img_3542

ピカピカもいいですが、無塗装の車体は影を活かしたほうが雰囲気出るかな…

Img_3546
Img_3549

三菱ケミカルのスイッチャーと銀釜の競演。

Img_3557

毎日のように黒崎でタンクコンテナの入換が行われていますが、三菱ケミカルが今年4月をめどに黒崎事業所で硝酸の製造を停止することから、近いうちにこの光景が見られなくなるかもしれません。

銀タンコでの濃硝酸出荷が止まり、他のコンテナ輸送もトラックに切り替わって専用線廃止、というファンにとっては残念なシナリオから、当地で製造はしないものの流通拠点としては残り大牟田貨物安泰、ということまで考えられますが、これは見守るほかありません。

Img_3577

この日は、このあと夕暮れ迫るスペースワールド駅へ移動。

Img_3587

夕日を背にする作例を見たので期待したのですが、天気が良く日差しも予想以上に強い。

Img_3591
Img_3595

夕日を一緒に入れるのはあきらめてこんな感じで。

Img_3602

大牟田貨物の行方もですが、国鉄から引き継いだED76やEF81、そして415系の置き換えも気になるところです。

前者はまだ具体的な方法が示されていませんが、415系は今後821系増備に伴い数を減らすと思います。九州島内はそれでいいのですが、関門区間はどうするつもりなのでしょうね?

2020年1月 5日 (日)

北九州空港の仮設VOR/DMEと綱敷天満宮詣で

先日、KE230便を撮影に行ったときに気づいた、北九州空港駐車場近くに作られた航空無線施設(VOR/DME)。

仮設では?と疑問も残ったので、確認に出かけてきました。

Img_3505
空港島の南側には、スターフライヤーの格納庫に隣接して海上保安庁の格納庫が建設中。

Img_3507

まだ工事看板や囲いもあり、海上保安庁に引き渡されたわけではないようですが、外観はほぼ完成しているように見え、海上保安庁の看板も取り付けられています。

稼働すれば北九州空港もにぎやかになります(あまり出動が多くないほうがいいのですが…

Img_3510

こちら側から、先日見つけたVOR/DMEを探索。

Img_3511

木と金網のフェンスに、機器もコンテナに入った状態。

現在の滑走路北端近くのものを完全に移設するのではなく、更新作業中に仮設されるもののようですね。

Img_3503
Img_3504

空港連絡道路は、高速道路側からの通行をスムーズにするための高架工事がだいぶ進んでいます。

1年前と、3月前とそれぞれ比較ください。

さて、今回は飛行機撮影もせず、空港立ち寄りもついでのこと。

Img_3486

主たる目的地は、築城基地の少し南の「綱敷天満宮

娘の受験の神頼みに、行ける範囲の天神さんを探していて見つけました。

Img_3481

堤防があるため「参道の目の前が海」という景色ではありませんが、参道の先の浜は浜の宮海岸として整備されています。

潮干狩りや海水浴シーズンはにぎわうようです。

Img_3485

海岸と神社の双方にアクセスの良い位置に広い駐車場があり、そこに車を停めて参拝します。

Img_3489

事前の想像以上に立派な境内で、三が日は過ぎていましたが、この参拝の列。

Img_3496

天神さんらしい飾りつけ。

菅原道真が京都から大宰府に配流の折に船が難破して当地に漂着。この時船の綱を円座に敷いて迎えたという故事があり「綱敷天満宮」と呼ばれています(実は綱敷天満宮は複数あり、いずれも同様の伝承があるようです)

海岸にも名が付いているように、地元では「浜の宮」で通じるようです。

Img_3498

境内には浜の宮稲荷社もありました。

Img_3499

今度は、梅の花がきれいな時期に来てみましょう。

2020年1月 3日 (金)

国道322号バイパス工事現場の追加取材をしてきた

先月の記事とはちょっと違うアングルから322号バイパスの工事現場を見てきました。

撮影は昨年末ですが、年末年始で工事が止まっているうちにアップを(笑)

Img_3444
Img_3443

今回は自宅発着で回っていったので、まずは前回記事の⑥地点から。

2枚目の写真のアングルを見比べると、標識が増えてます。

Img_3438
Img_3440

ちょいと移動して、標識が見えるところから撮影。

旧道の国道指定はそのまま残る模様。

Img_3456

続いて道の駅香春(地点④)へ移動。

国道201号の北側は目立った変化なし。

Img_3462

南側は、ここも標識が増えているのが確認できました。

Img_3460

交差する201号は北側に拡幅用地が確保され、一部先行して工事が進んでいるところもありますが、架橋が必要なところもあるのでまだまだ時間がかかりそうです。

Map_bypass

矢印のようにぐるっと回り、県道64号を味見峠側から。
(地図の番号は前回記事に合わせています)

Img_3466

⑤地点へ。車線規制で片側交互通行が続いています。

Img_3465

一段低いところに道路ができていて、バイパス開通の折には県道とバイパスは立体交差になることが標識からも分かります。

Img_3469

年末年始で工事が止まっているのをいいことに、バイパスのトンネル坑口を1枚。

Img_3474

先ほどの一段低い道路はここに。

トンネルや橋の設計や施工の都合で、現在の県道と同じ高さで工事を進め、最終的に県道のほうを付け替える段取りになったのでしょう。

Img_3472

バイパスと、県道との連絡路には、前回も書きましたが既に標識あり。

Img_3477
Img_3480

こんな内容。バイパスの北側は「北九州 小倉南」という表示。

Img_3454

最後に、前回行けなかった⑦地点。

Img_3451

前回通った時、橋桁がまだないように見えたのですが、重機や仮受けが残っているのを見ると比較的最近の架橋か?

ここの進捗でバイパスの開通時期が決まるのではないかと思っています。

2020年1月 2日 (木)

防府天満宮では、子沢山のネズミを彫った干支の御柱が展示中

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

Img_7012

今年は子年(ネズミ年)。うちの猫と、長女が生まれた時に買ったネズミのパペットを並べて記念撮影。

毛並みは年齢を感じますが、作りがしっかりしているのか、18年経った今でも尻尾や耳が取れることもなく、元の姿をとどめています(ちゃんと手を入れて遊べます)

Img_7027

…コラコラ、尻尾を齧るのはやめなさい。

そんな長女も受験を控えており、先日の太宰府天満宮に続いて、帰省がてらに防府天満宮にお詣りに行ってきました。

Img_1829_20200102121501

大晦日の午後訪ねたのですが、初詣の間交通規制がかかるのに合わせて、31日は午後から参道下の公共駐車場は閉鎖(坂を上がったところにある、天満宮の駐車場は停められました)

Img_1828

参道や境内には、初詣客を見込んだ露店が並び始めていました。

Img_1827

参道で遭遇したのが、子沢山のネズミが彫られた白木の柱。

防府出身のチェーンソーアートの作家さんが、干支を彫り込んで奉納してくださるそう。

神社の雰囲気とは若干異なる印象も受けますが、生き生きとしていて素晴らしいです。今年は2月10日まで参道に展示され、その後は神社の背後にある天神山公園に移設予定。天神山公園には過去の作品も展示されているようです。次の機会には見に行ってみよう。

Img_1816_20200102121501

階段を上がって見下ろしたところ、矢印の位置に御柱があります。

Img_1817_20200102121501
Img_1820

境内も、新年を迎える準備中。

ちょうど、門の敷居にあたる木を取り外しておられるところに遭遇しました。普段は「踏んじゃダメ」と言われる敷居ですが、参拝客が増えるときには安全対策が必要ということでしょう。

Img_1822

長女のために学問の御守と絵馬を求めましたが、さりげなくクレジットカードやICカード決済も可能との表示あり。

オンライン決済で気持ちが通じるのか?新しい時代に問われます…

Img_1833

私は、交通安全の御守を求めようとしたのですが、航空安全の御守を見つけて思わずそちらに手が伸びました。

近くに航空自衛隊防府基地があるからですかね?

Img_1831_20200102121501

実家でついてもらった鏡餅を飾って、我が家も正月を迎えました。

スターフライヤーの模型は…富士山の上をひとっ飛び(笑)

«来年の北九州空港は海上保安庁航空基地の移転のほか、VOR/DMEの移設も?

無料ブログはココログ