2019年2月15日 (金)

博多駅新幹線ホームは1面だけJR九州風味

先日のNHKスペシャルで、東京の「巨大地下迷宮」を取り上げていました。

難易度の高いシールド工法、地下鉄線に駅を追加しようとすると人力での作業が多く発生するといった話題が取り上げられていましたが、「一続きの地下街に見えても、所有者が変わると内装が変わる、微妙な段差がある」といったことも触れられていました。最初からビルの配置や地下での連絡をすべて考慮してから開発を始めたわけじゃないので、致し方ないのですが…

「所有者」「管理者」の違いを地味に感じる部分を見つけたので一つ取り上げておきます。

Img_1035

ここはJR博多駅の新幹線ホーム。在来線ホームに隣接しています。

(下を往くのは香椎線仕様のキハ47系。回送です)

Img_1030

新幹線ホーム3面6線のうち5線は16両対応ですが、もっとも在来線ホームに近い11番のりばだけは行き止まりで短く、九州新幹線側の発着のみに対応しています。

ここ11番12番のりばは九州新幹線の博多開業に合わせて増築された部分で、11番のりばの分だけ在来線の7番8番のりばは吉塚側に寄せられました。そういう苦労が感じられる箇所です。

Img_1036

11番のりばには6両、8両編成しか停まらないことが分かります。

Img_1037

JR九州風味と書いたのは、このホームだけ、売店がファミリーマートなことと、柱に木製の腰板が装着されていること。

Img_1044
Img_1040

隣の13番14番のりばには、セブンイレブンが入っています。

柱の腰板も特にありません。

コンビニの違いは、JR西日本とJR九州がそれぞれKIOSKをコンビニと提携する形に変えているから。木をあしらうのも、JR九州が多用する手法です。

増築されたことが分かるものとしては、12番のりばと13番のりばの間には、14番15番の間にはない柱が多く立っています。

Img_1041

これらが分かるアングルで無理矢理1枚。

新幹線博多駅は九州新幹線乗り入れ前からの流れでJR西日本に所属しますが、増築ホームはJR九州が所有する在来線駅の上に建てられたため、売店なども含めJR九州が管理していると思われます。売店については、新幹線への移行で在来線特急が減る分の損失補填の意味合いもあるかもしれません。

ただ、上の写真を改めて見ていただくと、ホームのタイルや案内板には他のホームと違いがないですし、コンコースのデザインも統一されています(コンコース内のコンビニもファミマとセブンに分かれていますがcoldsweats01

意識しないとわかりませんが、微妙な権利関係の違いが垣間見えて面白いです。

Img_1047

新幹線改札を出たところの通路から。

ここまできれいに天井と床が違うと、JR2社の境目がよくわかります。

Img_1046

足元の床は、アミュエストへの入り口付近で色が変わっていて、さらに複雑です。こうなると、店舗への誘導を優先したデザイン上の施策なのか、やはり床の境目で管理者が異なるのか、良くわかりませんcoldsweats02

2019年2月12日 (火)

PanasonicのLED電球保証制度に申し込んでみるの巻

点灯時間の長い主だった電球はLED化済みの我が家。

Img_1010

リビングのシーリングファンの5つの電球は、過去記事を探してみると2014年5月までにはLED化を済ませています。

この電球、実は昨年中ばに相次いで3つ、点滅したり点かなくなったりして交換しました。

Img_1012

そして今、残る2つがどうも怪しい(暗くなってきた)

昨年交換のために新しいLED電球を買った時(色味を合わせたくて同じPanasonicにしました)、「5年保証」の保証書が入っているのにびっくり。「前はそんなのなかったよな」と検索したところ、「LED電球保証制度」があると知りました。

この制度のすごいのは、制度開始の2016年12月以前に購入したものでも対応してくれること。購入日がレシートなどでわかればそこが保証開始日ですが、購入日が分からなくても大丈夫。

Pana_led1

ロット番号で製造年月が分かるので、ここから5年は保証しますとのこと。

Pana_led2

webサイトなら夜間休日でも申し込めますし、宅配業者が交換品を持ってきて、故障品を回収してくれるので、どこかへ出向く必要もありません。

Pana_led3

去年は明らかに点かない状態になって交換したのですが、受付ページを見ると「暗くなった」「ちらつく」のも対象。

Img_1005

これ(右)は暗いよね、去年ホントは保証対象なのに知らなくて申し込めなかったから、今度は早めに申し込んでいいよねcoldsweats01

…実はロット番号を見ると保証期間ギリギリなのですshock

Pana_led4

申し込みのとき、調光機能に関する質問があります。非対応の電球が多いので、確認が必要なのでしょう。

Img_1009

暗くなった電球(左)の型番を入れると、生産終了品なので、として表示された代替品は、昨年購入した電球(右)と同じもの。私の「同等品」の目利きは正しかったgood

でも保証制度は知らなかったdown

Pana_led5

ロット違いが混ざるとか、複数個所の電球の交換を依頼する場合は、複数の故障品の入力も可能になっています。最後に住所などを入力して手配完了。

今は交換品の発送待ち。交換が完了したら顛末を報告します。

2019年2月10日 (日)

西鉄バスの「スマートバス停」をめぐる

つい最近の話ではありませんが、昨年から西鉄バスと安川電機(いずれも関連会社)が共同して「スマートバス停」の試験運用を行っています。

Smart_bus

「時刻表を貼る」のが基本のバス停を、デジタルサイネージ化したもの。

時刻表に限らず多様な内容の表示が可能になり、更新や監視もリモートでできるので、広告を充実させたり、臨時の運行情報や非常時の情報提供が可能になります。「貼替」に要する労力を減らす意図もあるとか。

Img_1014

まずは小倉駅近くの米町バス停。

門司方面や砂津(車庫)へ向かうバスがひっきりなしに来るバス停です。

Img_1018

見やすい位置に、当日のダイヤ(今日は日曜日)が表示され、さらに直近の時間帯は太字で強調されています。

こういうことができるのは電子化の強み。

Img_1020

砂津行きに関しては簡略表示(まぁ来たバスに乗れば必ず行きますし)

門司方面のバスに関しては接近表示も出ています。

一番下は、平日・土曜日の時刻表と、路線図や営業案内が切り替わるようになっていました。ここの情報は状況によって切替可能なのでしょう。

Img_1021

米町(矢印)の奥に見える砂津(観覧車のところ)にもスマートバス停が設置されているとのこと。

Img_1022

上に屋根のようにソーラーパネルが載っているのが、明和町バス停。

電源供給のないところに設置する「エコタイプ」とされています。

Img_1024

「スマートバス停実証実験」とありますが、市販の電波時計っぽいものが組み込まれていたり、北九州マラソンに伴う運行変更については紙が貼ってあります。

Img_1026

時間帯による強調表示がない、接近表示がない、という違いもありますが、全体に表示が暗いのが気になりました。明るくすると電源容量が厳しいのか…

スマートバス停を一般化しようと思えば、このタイプのコストや信頼性が鍵になりそうです。

Smart_bus2

スマートバス停が設置されていることを思い出したのは、先日からスマートバス停にさらに自動販売機を一体化したものが設置されているから。

Img_0961

こいつは黒崎バスセンターにあります。

Img_0964

普通のバス停の標柱も残してあって、右隣のでかいやつが自動販売機一体型スマートバス停。下に飲み物の表示があるのがポイント。

Img_0965

伊藤園とのコラボです。

バス情報に関しては、時間帯に合わせた強調表示がされていますが、残念なのは接近表示の字が小さく、フォントがつぶれていたこと。このパネルに最適化されていないという印象。

Img_0966

お茶を購入してみましたが、残念だったのは、近未来的な形のくせに、現金決済しか対応していないこと。

QRコード決済までとは言いませんが、どうせならnimocaなどICカードには対応しておいてほしかったですね。プロトタイプなのでそこまでコストをかけられなかったのかな?

今のところはバス停の標柱と、普通の自販機に挟まれて肩身が狭そうですが、省スペースとか、災害対応などに力を発揮することを期待します。

2019年2月 6日 (水)

小倉競馬場での開催を前に、北九州モノレールのJRA号が更新

今週末から、定例の競馬開催のあるJRA小倉競馬場

昨年、「HOT HOLIDAYS!」のコピーとともに、松坂桃李・高畑充希・柳楽優弥・土屋太鳳(敬称略)の4名を各車両にアップでラッピングしていた北九州モノレール。途中で色違いへリニューアルもありました。

Dsc_6919

CMの契約期間の関係か、昨年末にはラッピングが除去されていました(昨年12/30撮影)

Jra2019

今年は、同じく「HOT HOLIDAYS! 2019」がキャッチコピー。

昨年の4名に加えて、中川大志・葵わかなを加えた6名体制なので、4両編成にどんなふうにアレンジするのかな?と気になっておりました。

競馬開催を前に、どうやら今年のJRAラッピング編成が走り始めたとの目撃情報があり、さっそく確認に出かけました。

Img_0980

ちょっと遅い時間ですが、競馬場前にやってきたJRA号。

昨年後半と同じ、1104Fにラッピングが施されています。

Img_0981

小倉側の先頭車両をややアップで。

スナップ写真をちりばめるようなかたちなので、一人一人の顔は小さめ。

撮れないことはないですが、ホームの蛍光灯が写りこみますね…

徳力公団前から企救丘方面への出発を動画で。

Img_0996

翌日、まだ明るい時間帯に。徳力嵐山口にやってきた小倉行。

Img_0997

企救丘側の車両の側面。

前にも書きましたが、人物は小さめなんで、登場人物のファンの方は沿線よりはホームで待ち構えたほうがいいかもです。残念ながら充当列車の情報は公式サイトには出ていませんが…

明るい時間の動画も。

Img_0968
Img_0974

他の編成も見ていて、変化があったのが、先頭窓側面の編成番号。

上の999号は「10」。下は同じ青ですがmikuni号で「5」

Img_0979
Img_1000

北九州銀行号は「2」、ハレピョン号は「8」

前面の02とか04は運用番号です。

実は、最初に乗せた、ラッピングが剥がされた1104Fを見たときに「4」があるのに気づいていたのですが、他の編成にも浸透してきたようです。

北九州モノレールの車両番号は、特にラッピングが施されると分かりにくく、ここで編成が分かるのは助かります。「助かる」というのはラッピングの変遷をみたりする趣味的な意味ですが、中の人にもすぐ編成が分かる必要があるのでしょう(何らかの事案があった?)

Img_0975

最後に、競馬場前駅で見つけたPUDOステーション

駅など公共の場所に宅配ボックスを展開している会社のようで、北九州モノレールでは現在香春口三萩野・片野・城野・競馬場前の4駅に設置済み。

ヤマトや佐川の荷物をバーコードやパスワード入力で受け取れるようで、通勤通学で利用する人には帰り道で受け取れるから便利ですね。特に単身者が多いエリアでは、コンビニ受け取りとともに需要がありそうです。

2019年2月 5日 (火)

「恵方巻」の夜に「きりたんぽ」で対抗の巻

ここ数年、大手スーパーやコンビニの過熱ともいえる攻勢で、食品ロスを助長しているなどの批判もある「恵方巻」

私が平成の初めころ関西で過ごしていたころは「関西ローカルの、寿司屋が推してる節分グルメ」というイメージでしたが(一人暮らしだったのでとくに乗っかることもなく…)、コンビニが手掛けるようになってあっという間に全国区になってしまいました。

Dsc_7130

この手の、業界の商戦としてメジャーになっていったイベントとしてはバレンタインやホワイトデー、最近ではハロウィーンなんかもありますが、「恵方巻」はやっぱり厳しいものがあると思うんです。

Dsc_7131

一番は、お寿司という食品の特性上、作り置きができず、翌日以降への持越しも難しいこと。

チョコは日持ちしますし、クリスマスケーキも、事前に作って冷凍しておくものも多いようです。

明らかにいっぱいロスが出るような数を並べるくらいなら、予約を原則にするか、限定品として「売り切れ御免」でいいと思います。一日だけのために(ロスを見込んで)割高な商品で棚を埋めなくてもいいんじゃないでしょうか?

と、批判的なことを書きましたが、節分前日、前の記事の帰り道にデパ地下で見つけた海鮮巻がおいしそうで、一足早くいただいてしまいましたsmile

#推しメニューがあると、献立を考えなくていいという意見も拝聴しました

Img_6047

節分当日に恵方巻にしなかったのは、「ふるさと納税」で返礼品としていただいたきりたんぽが届いたから。

Img_6053
Img_6072

セット品を頼むと、きりたんぽのほか、比内地鶏(スープも)、セリやゴボウといった定番の具も一緒に届きます(これらの日持ちの問題があるので、家族の集まる日に早めにいただかないといけません)

Img_6073

きりたんぽは指示通り電子レンジで加熱して下ごしらえすると、焼き立ての餅みたいないい香りがしてきます。なるほど。

右側は比内地鶏。

Img_6075

セリたっぷりのきりたんぽ鍋をいただきました。

セリは根まで食べられるということを今回初めて知りました。

2019年2月 2日 (土)

梅の咲き始めた大宰府天満宮へ

昨年末の「モノレール平和神社」の記事にも書きましたが、我が家には受験生がおります。

太宰府天満宮に参拝して御守をいただかねばと思っていたのですが、ようやく妻と都合が合いました。今回は電車でお出かけ。

Img_0934

JRから西鉄に乗り換えるのに、今回はJR大野城駅から西鉄白木原(しらきばる)駅への徒歩連絡を選択。

白木原は高架(連続立体化)工事の最中。

Img_0935

大野城から予想以上に近いじゃん、と思ったら、ここからは天神方面の電車しか乗れません。

Img_0936
Img_0938

ぐるっと回って、踏切を渡ります。

Img_0939

先ほどの改札とちょうど対角線の位置に、二日市・大牟田方面ののりばがあります。工事の都合とはいえ、ここまで離れていると不便に感じますね。

上下線で駅舎や改札が分かれている駅は他にもありますが、対角に位置するのは珍しい?

Img_0944

西鉄二日市で乗り換えて、大宰府に到着。

天満宮はアジア系の観光客も多く、今日も賑わっています。

Img_0945

節分に向けて、厄除け用の祓門が設置されています。

なぜ瓢箪?と思いましたが、厄除けの御守に使われるなど太宰府天満宮とは縁があるようです。

Img_0950

「飛梅」はチラホラ咲きはじめたところ。

Img_0954

品種による違いなのか、結構花が開いている株と、ほとんど花をつけていない株の差が大きいです。

2月に入ってからの参拝になってしまいましたが、梅が見られてよかった。

Img_0955

「えんむすびの神」と書かれているので見に行くと、「竈門(かまど)神社」とあります。

Kamado

境内にあるのかな?と思って案内の掲示を見ると、結構遠くの神社です。

背後の宝満山が信仰の対象で、大宰府政庁からみて「鬼門」の位置であったとあるので、そういう昔からのつながりが「出張授与所」の背景かもしれません。

Img_0957
Img_0958

無事御守も入手して帰路に就きました。

2019年1月30日 (水)

香椎線向けのDENCHA納入が進んでいます

昨日、香椎線投入に向けたBEC819系DENCHAの甲種回送がありました。

Img_0929

今回は小倉駅で待ち構えてみました。

Img_0931

ちょうど3番のりばの在線と重なってしまいますが、向こうは4両、こちらはDE10+819系2両×3編成で計7両なので、先頭は出て停まります。

一旦停車の後、西小倉へ向け出発していきました。

香椎線向けの300番台は、今回で計8編成納入されたことになります。

Img_6020
Img_6021

既に架線の準備も終わり、DENCHAを待つ香椎駅ですが、果たしてダイヤ改正後の運用はどうなるか?

現在のダイヤをOuDiaでプロットしてみました。

Kashii_hiru

昼間は、西戸崎~香椎と、香椎~宇美で運用は分離されています。ほぼ30分ごとなので、5編成で足りる計算。

香椎で充電時間を十分とろうと思うと、雁ノ巣で交換するダイヤは改める必要があるのかな?

Kashii_yuu

夕刻以降は20分毎。香椎で分離されている運用は同じですが、7編成は必要です。

8編成では検査などを考えると足りないですね(22両導入としている記事もあり、11編成になれば足りそうです)

Kashii_asa

朝ラッシュは西戸崎~宇美を直通する列車が多いですが(青線)、DENCHAになると香椎で充電する時間が必要になります。折り返し運用に変更されるのか?あるいは停車時間を調整するのか?

新ダイヤが発表になったら確認してみましょう。

Img_0899

酒殿(さかど)駅に停車中の「アクアライナー」塗色。

Img_0890

昭和の香りがする扇風機ですが、香椎線で使われることはもうありませんね。

Img_0907

香椎駅から西戸崎側へ出発していくところ。架線はここまで。

Img_0911

最後は和白駅(右側は西鉄の駅)

2019年1月27日 (日)

今日の庭1/27

寒波の影響で、昨日は当地でも雪が降りました。

私は日中仕事をしていて直接の影響はなかったのですが、自宅近くでは昼過ぎに一気に降ったために道路も積雪し、坂道でスリップする車があったと、その影響で遠回りの帰宅となった妻から聞きました(夕刻私が帰るころにはやんでいて、路上はとけていました)

Img_0914

今朝はこのくらいの雪が庭に残る程度。

「今年はこのまま雪も降らずに冬が終わるのだろうか」と思ったらそこそこ降ってしまいましたが、やはり暖冬だなと感じます。

Img_0920

一番感じるのは、この時期になっても茎ブロッコリーの葉をヒヨドリがついばみに来ないこと。

例年この時期には葉っぱがみすぼらしい姿になっているのですが、今年は立派なまま。山にエサがあるのかなぁなどと思います。

Img_0919

もう一つはエンドウ(グリーンピース)。すでに結構長く伸びてます。

Img_0918

脇芽か花芽か、というのもたくさんついていますし、ご近所では花がついているのも見かけました。

3年前に大雪・真冬日を経験したとき、伸びていた芽が凍って収穫がほとんどなかったことがあります。今回はそこまで気温が下がってないのでダメージはなさそうですが、今後強い寒波がこないか心配ではあります。

Img_0917

もしかしたら暖冬の影響?と気になるのが、トサミズキの冬芽(花芽)が小さく、ほとんど膨らんでない枝もあること。花がつく時期にならないと実際の影響は分かりませんが。

Img_6035

我が家の猫は室内飼いなので雪の影響は受けませんが、この時期は暖を取ろうとあの手この手。

Img_6037

暖の取り方も個性があって、チビ猫はファンヒーターの前が大好き。

舌をしまい忘れて寝ています。

Img_6040

風量が強い時は距離をとっていますが、弱くなってくると完全にくっついてしまいます。

Img_6043

先住猫はヒーターの前は苦手。お気に入りの箱へ。

Img_0915

上の段から種が落ちて、壁の下の隙間で大きくなったクリスマスローズ。

親にあたる株より早く花をつけました。

春先を飾る花がこれから出てきますね。

2019年1月24日 (木)

夏ダイヤから、FDAの名古屋(小牧)~北九州便は静岡~北九州に振り替えられる形に

ひとつ前の記事で、「ハローキティはるか」が走りはじめることを取り上げましたが、同時期に、一部紙面ではありますが「なにわ筋線」開通後を視野にJR西日本・南海が次世代関空特急の共同開発を検討しているという記事が載りました。

2024年には関空も開港30年を迎えますから、関空とともにデビューした「はるか」「ラピート」も置き換え時期です。2031年に予定されるなにわ筋線開通が次の節目。

車両の構造面では、ラピートは貫通扉がなく地下線を走行できないことから、南海がなにわ筋線に乗り入れるには新型特急の開発が必須。運用面では、新大阪・北梅田(仮称)~関西空港(りんくうタウン)は発着が同一地点になるので、車両やきっぷで協同していただいたほうが旅客にも都合がよさそうです。

こう考えると、「はるか」にラッピングが施されるのは、そろそろ陳腐になってきたという裏返しでもありますね…

Fda_1

タイトルの内容に戻ります。

FDAから夏ダイヤに関するアナウンスがありました。

Fda_2

まずは21日に、静岡~北九州線就航のリリース。

この時点で、ちょっと嫌な予感もしていました。

Fda_3

23日のリリースで、就航記念価格のPRの下に、名古屋(小牧)~北九州線運休のことが小さく載りました。

搭乗率の低迷が伝えられており、残念ながら嫌な予感のとおり「やはり」という展開です。

静岡~北九州線もJALとコードシェアされるようです。

Img_4547
Img_4565

静岡空港(富士山静岡空港; FSZ)へは、福岡から向かったことがあります。

Img_4629
Img_4631

お茶で有名な、牧之原台地に作られた空港です。滑走路の向こうは茶畑。

近くの街で働いていたことがあり、せっかくの機会なのでKKJ-FSZ便を利用して訪れる算段も考えることにしましょう。

Img_4110
Img_0427

FDAは現在夜間に飛来するので、撮影にはちょっと向きません。

今度の時間帯のほうが「マルチカラー」を楽しむにはよさそうです。

…とはいえ、一日一往復だと、需要は限られそうです。皆様この機会に是非北九州空港と静岡空港をご利用ください。

2019年1月22日 (火)

ハローキティ新幹線に続き、「ハローキティはるか」の運行が決定

JR西日本とサンリオから、ハローキティデザインの「はるか」が1月29日から運行開始というリリースが出ました。

Kitty_haruka2

サンリオさんが絡むと、リリースからしてキティちゃんの世界観満載です。

Kitty_haruka3
Kitty_haruka4

エクステリア、インテリアも紹介されています。

コンセプトは「和のおもてなし」「和モダン」とあります。

Kitty_haruka6

新幹線500系の「ハローキティ新幹線」との対比がすぐに思い浮かびますが、入る列車が固定されているハローキティ新幹線と異なり、「はるか」のほうは運用の都合で投入される列車が変わっていくようです。

Kitty_haruka5

すでに公式サイトができているので、充当列車は「前日にはここでわかります」というような案内になるのかな。アドベンチャーワールドとコラボの「パンダくろしお」みたいに。

デザインを変えて第三弾まであるとリリースに載っているので、281系9編成中3編成がハローキティ仕様になる計算です。

確率1/3なら、30分ごとの「はるか」を1-2本前後させることが可能なスケジュールであれば、旅行客でも乗車機会は作りやすそうです。期待しましょう。

Kitty_haruka1

今日のリリースを見て、正直「唐突だな」と思ったのですが、昨年10月のリリースで関空閉鎖や豪雨・地震災害の影響からのインバウンドの需要回復策の一つとして予告されていました。

ハローキティ新幹線も、特に2号車を見ると外国人旅行者の姿が目立ちましたので、「ハローキティはるか」も集客力があると思います。

Kitty_usj

ハローキティはUSJに登場するので、JR西日本とコラボする理由はそのあたりにもありそうです。

E5489_0

さて、先日関西空港に立ち寄ったとき、e5489のチケットレス特急券で「はるか」に乗車したのですが、関空で列車を探していて「え?席がない?」とちょっと困ったことに。

「どうせ空いてるやろ?」と思いながらやり直すこと数回。無事にチケットレス特急券が確保できたのですが、トラブルの種をちょっと検証してみました。

公式サイト(JRおでかけネット)のトップにあるリンクからe5489で予約を始めようとすると、必ず先にログイン画面を通ります。こうすれば何の問題もない。

E5489_1

ただ、"e5489"と検索して出てきたリンクからは、ログイン飛ばして直接予約画面に行けちゃうんですよね。ネットサービスの難しいところです。

E5489_2

ここから、会員のみに提供されるチケットレスサービスを選ぶと、列車は検索できるのにきっぷの選択ができません。席数限定であることを下手に知っていると「割り当て分売り切っちゃった?」などとあらぬ誤解をcoldsweats01

良く見ると「ログインしてね」という意味のことも書いてあるのですが、ログインしたら選択範囲が狭まるようにも読めて、あまり親切な記述ではないと感じました。

「抜け道」から入る形になった私が悪いんですが、非会員にも「安い」「便利な」きっぷを見せておいて、購入しようとすると「いやいや会員限定だよ」のほうが、入会しなきゃって思わせる力があるかもしれませんよsmile

«ガスコンロが突然点火しなくなった原因は…

無料ブログはココログ